各種手続きについて

在留カード – 日本に滞在する外国人の身分証明

空港に到着し、入国審査で在留資格認定証明書・パスポート・ビザを提出すると「在留カード」が発行されます。このカードは中長期間在留する外国人に交付されるものです。アルバイトをしたい場合は、入国審査で資格外活動許可申請書も提出してください。

日本滞在中、パスポートを携帯する必要はありませんが、在留カードは常に携帯しなければなりません。短期滞在の学生は在留カードがありませんので、パスポートを携帯してください。

在留カードを受け取ったら、自分の住んでいる市・区役所の窓口で住所の届出が必要です。手続きは入国から14日以内に行わなければなりません。

保険について

国民健康保険

日本は医療費の高い国ですので、安心した留学生活を送るために、必ず国民健康保険に加入してください。留学ビザで入国した学生は、市区町村役所で住民登録をした際に、同時に国民健康保険への加入手続きを行います。国民健康保険の加入者は、病気やけがで病院や診療所に行った場合、原則として医療費総額の30%を支払います。70%は保険でカバーされます。

もし引越しをしたら、新しい住所の市区町村役所で申請し新しい保険証をもらいます。

新住所の役所の窓口に、前の国民健康保険証を提出して新しい保険証を受け取って下さい。この手続きをしないと国民健康保険の適用を受けられません。

※手続きはご自身で行ってください。TCJではできません。わからないことがあれば、学生部スタッフにお尋ねください。

留学生保険

国民健康保険と合わせて、留学生保険にも加入することで、さらに安心な留学生活が送れます。

留学生保険は、国民健康保険を利用し支払った30%負担分の中から、\3,000以上かかった分の差額を受け取ることができます。(ただし、持病や歯科治療は除きます。)

留学ビザの学生は、学費の中に留学生保険の費用も含まれています。

例)骨折をして、治療費、薬代合計で3万円かかった場合、
国民健康保険に加入していれば、9,000円の支払いで済みます。
更に、留学生保険に加入していれば、6,000円が返金され自己負担は3,000円となります。

在留期間更新

入国時に許可された在留期間を超えて在学する場合、入国管理局に在留期間更新を申請し、許可を得る必要があります。この手続きは在留期間の満了する日の約3ヶ月前から申請できます。期間更新する場合は早めに担任または、学生部スタッフにお伝えください。なお、TCJなど日本語学校に在籍できる期間は、最長で2年間です。

携帯電話購入

日本に生活するのに必要な様々な手続きで連絡先を求められるため、携帯電話を持っていると便利です。

電話番号の取得は、日本での滞在期間によって契約できる形態が異なります。入学後に提携携帯電話会社による説明会があります。

定期券

通学のため、毎日電車や地下鉄に乗る方は、定期券を購入しましょう。自宅の最寄り駅から学校の最寄り駅までの乗車で、何度でも使うことができます。毎日切符を買う手間が省け、交通費も安くなります。購入方法については、入学後に学生部スタッフから説明があります。