生徒の声(ベトナム出身) | 2016.12.02
JASSO奨学金に採用されました!ベトナムと日本の架け橋になりたいです!
  • カタカナ:ファン ティ タイン トウイ
  • 出身国:ベトナム

JASSO奨学金受給者に採用されましたね。おめでとうございます。TCJを選んだ理由を教えてください。

ベトナムで日本語を勉強していた時に、私の先生がTCJを紹介してくださいました。私もインターネットでTCJについて色々と調べてみたところ、TCJが本当に良い学校だと感じたため、入学を決めました。

母国では何の勉強をしていましたか?

ベトナムのハノイ大学で一年間ロシア語を勉強していました。しかしあまりのめり込むことができなかったため、大学を中退し日本に留学しました。

奨学金制度に応募した理由を教えてください。

武蔵野大学に通い続けるためには、アルバイトをして学費を貯める必要があります。しかし大学で学んだことの復習を行う時間も必要であるため、アルバイトばかりしているわけにもいきません。そこで、奨学金を受給することができれば、しっかりと大学生活を送ることができると考えました。

奨学金受給者に採用されてどんなお気持ちですか?

本当に嬉しかったです。前回も申請していたのですが、採用してもらうことができませんでした。しかし、諦めずに再度申請し、今回は採用してもらうことができました!この気持ちはどんな言葉でも言い表せないです。

TCJの授業はどのように役立ちましたか?

日本語の知識をしっかり身につけることができ、日本の生活や大学受験に大変役立ちました。また、先生方が奨学金制度に関する情報を詳しく、的確に教えてくれました。

あなたの将来の夢は何ですか?

TCJの先生方のおかげで武蔵野大学に合格することができました。まずは、大学でしっかりと学び、たくさんの知識を得たいです。その後で、日本語教員になって、ベトナムと日本の架け橋になりたいと思っています。

奨学金制度に応募する学生にメッセージをお願いします。

留学生になると、日本語の勉強だけでなく、日本の生活を行う中で色々と大変なことがあります。その中で、奨学金を受給できるというのはとても大きな励みになりますので、ぜひ奨学金受給者に採用されるようがんばって欲しいです。
授業出席率95%以上を確保し、きちんと学んでいれば必ずチャンスがあります。一度選考に落ちてしまったとしても、諦めないで下さい。最後まで諦めなければ必ず成功します。

>Texts in English

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう