TCJブログ

交流会 | 2017.12.12
2017-12-12 都内公立中学校での国際交流会

概要

日時:2017/12/12(水)
TCJ学生数 :8名

<イベント内容>
・4校時  –  留学生による自国紹介
・昼食  –  中学生との給食会
・昼休み –  中学生による校内案内や談笑、教室清掃の手伝い
・5校時  –  語彙クイズでの交流会

TCJの学生8名が中学生と国際交流を行いました。
中学生と一緒に給食を食べ、教室清掃等を通して、日本の学校生活について学ぶことができました。
また自国紹介では、日本人から見た自国文化について改めて調査したことで、彼ら自身新たな気づきがあったようでした。
クイズや談笑を通してお互いの異文化への理解や共感の場になったと感じました。学生にとって貴重な経験ができ、多くの学びを得られる機会となりました。

 

留学生による自国紹介

自己紹介から始まり、国の大まかな概要(日本からの位置・首都・通貨・公用語など)を説明しました。
また、出身地、文化、習慣等について紹介を行いました。

ティムさん (フィリピン)

普段子供向けの英会話教室の先生をしているだけあって、中学生への問いかけが大変上手でした。
フィリピンの島の数に関して質問した時は特に盛り上がりました。最後までテンポよくプレゼンテーションを進めていました。
  

リさん (中国)

中国の中でも少数民族の一つである苗族出身の為、民族の風習や衣装の特徴などを中心に紹介していました。
中学生にとって苗族というのは恐らく初耳で、話に聞き入っていました。学校ではなかなか習うことがない中国の新たな一面を知るいい機会になったのではないでしょうか。
  

デイビッドさん (イギリス)

中学生が知っている「イギリス」を引き出し、自身のプレゼンテーションを流れるように進めていて、まるで先生のようでした。
今回唯一の欧米系からの参加ということもあり、中学生も習いたての英語を使いながら、彼との交流を楽しんでいました。
  

ナンダーさん  (ミャンマー)

ミャンマーという国は中学生にとって未知の国だったようで、みんな真剣に話を聞いていました。
特に正月が4月にあることや、そこで水を掛け合う水祭りが行われることに驚いた様子でした。
プレゼンテーションをきちんと時間内に収めていたことにも感心しました。
  

チキンさん(台湾)

観光スポットだけでなく、実際に日本に進出している企業の紹介をしていました。
中学生にとって大いに勉強になったのではないかと思います。
LCCで台湾に行けるという具体的な話をしたことで、中学生も台湾をより身近な国に感じられたと思います。
  

マドゥランガさん(スリランカ)

スリランカがアジアのどこに位置するのか知らなかった中学生も多く、興味津々に写真を眺めていました。
プレゼンテーションではスリランカの自然をたくさん紹介し、中学生は写真を見るたびに「きれい!」と叫び、興奮した様子でした。
  

タンさん(ベトナム)

自身はベトナムのホーチミン出身ですが、ハノイとの比較を取り入れながら、それぞれの魅力を紹介していました。
話し方も落ち着いていて、とても聞き取りやすいプレゼンだったと感じました。ベトナムの色鮮やかな写真を多く取り入れ、目を引くものばかりでした。
  

スラズ さん(ネパール)

ネパールがどこにあるのか、日本の国土との大きさの比較、日本からの距離等、具体的な数値を出して説明していたことで、とても分かりやすい内容に仕上がっていました。
冗談を交えながら、笑顔でプレゼンテーションを進めていたのも印象的でした。
  

 

引率者の所感

中学校全体から歓迎されているような雰囲気がありました。帰り道には、皆も思っていた以上に中学生と交流ができたと話していました。
TCJの卒業後は中学校に留学したいという冗談が出るほど、この機会を楽しんでくれていました。
相互理解の良い機会であるため、継続してこのイベントを行っていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせはこちら

通常、3日以内にお返事いたします。

お電話のお問い合わせはこちら

日本語及び英語、中国語が出来るスタッフが常駐しております。

+81-3-3354-5001

  • ・月〜金:10:00 - 19:00
  • ・土曜日:9:00 - 18:00
  • ※受け付けは日本時間で対応しています。