TCJブログ

After TCJ | 2018.12.18
TCJ卒業生ソロインタビュー vol.1【後半:就職編】

2016年度TCJ卒業生 東京大学公共政策大学院在学中
夏天(カテン)さん

 

進学や就職について、尾亦副学院長が2016年にTCJを卒業した夏天(カテン)さんにインタビュー形式でお話を伺いしました。

夏天さんはTCJ卒業後、一橋大学院に進学しましたが、翌年東京大学公共政策大学院に入学しました。

今現在は日系大手電機メーカーへの2019年度の入社を控えており、近況報告を兼ねてTCJに遊びに来てくれました。

後半では「就職編」をお送りいたします。

第1回「進学編」はこちら

就職活動は、どのように行いましたか?

尾亦:今回の訪問の目的の一つは、日系大手電機メーカーに就職することになったという嬉しい報告をしに来てくれたことですね。就職活動はどうでしたか?

夏天:私は去年の夏休みからインターンシップに参加して、本格的な就職活動は今年の3月から始まりました。エントリーシートを出した会社の数は70社ぐらいです。

尾亦:70社! 多いですね。普通ですか?

夏天:普通です。最初は結構落とされます。学歴フィルターがある会社もあるとは思いますが、ほとんどはエントリーシートの中身や内容によって選抜されていったのかなと思っています。

どんなところでインターンシップをしましたか?

尾亦:1年目のインターンシップ先は日系大手電機メーカーですか?

夏天:違うところですね。日系大手電機メーカーのインターンシップには参加したことはないです。

尾亦:どういう業界ですか?

夏天:不動産業界、アパレル業界、鉄鋼メーカです。

尾亦:面白かったですか?

夏天:面白かったです。

尾亦:どういうふうに面白かったですか?

夏天:例えば、鉄鋼メーカーのインターンシップの時は模擬営業部のプログラムがあり、ある米国の会社と長期契約を取るためにどうやって情報を収集して、最後はどう提案するかというのを実際に考えました。本当に机の上に携帯があって、それを使って向こうの会社の方とアポイントメントを取ったりと結構リアルな仕事の場面が再現されていました。貴重な体験でした。

尾亦:面白そうですね。

将来(5年、10年後)は何をしたいですか?

尾亦:では、最後に将来5年、10年後はどういうことをしたいですか?

夏天:私は経理職を志望していますので、将来はグローバル的な経理のプロフェッショナルとして会社の財務基盤の改善や強化ということに携わりたいと思っています。

尾亦:そのうち中国に帰る予定はありますか?

夏天:こだわらないです。他の国にも行きたいと思います。

尾亦:グローバルに活躍したい、そういうことですね。

尾亦:将来楽しみですね。いつの日か、中国人が日系大手電機メーカーの社長に!というニュースが出るのを楽しみにしています。

夏天:ありがとうございます。

尾亦:今日はどうもありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください

フォームからのお問い合わせはこちら

通常、3日以内にお返事いたします。

お電話のお問い合わせはこちら

日本語及び英語、中国語が出来るスタッフが常駐しております。

+81-3-3354-5001

  • ・月〜金:10:00 - 19:00
  • ※受け付けは日本時間で対応しています。